着物買取方法

着物店頭買取

着物の持込買取はソン?店頭買取のメリットとデメリットを徹底解説!

店頭買取(てんとうかいとり)とは、お店にまで直接品物を持っていって買い取りをしてもらう不用品処分方法のこと。店頭にまで持ち込むスタイルであるため「持込買取(もちこみかいとり)」と呼ばれることもあります。

古本やCD等の不用品の場合には、メジャーな買取方法である店頭買取。ところが着物の買取の場合だと「店頭買取」を選ぶ人は意外と少ないようです。今回は着物の店頭買取・持込買取について、そのメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

着物の店頭買取・持込買取とは?サービスの流れ

まずは「店頭買取」で着物を現金化するまでの基本的な流れを見ていきましょう。

  1. )買取業者の店舗の店頭カウンターに着物を持ち込む(事前予約が必要な店舗もある)
  2. )年齢確認・住所確認等のために、本人確認書類を提示する
  3. )着物査定士による査定の間は、同席するか店内で待つ
  4. )査定終了後、持ち込んだ着物について説明を受け、査定金額が提示される
  5. )査定金額にOKした場合は、その場で現金が手渡しされる

※本人確認書類とは、自動車免許・パスポート等を指します。
※本人確認書類の提示・必要な本人確認書類は自治体・店舗によって異なります。
※各自治体の条例により、18歳未満(高校生含む)は古物買取を依頼できない場合があります。

店舗によっては査定中にも持込客の同席OKの場合等もあります。店頭での待ち時間・査定時間等については、各店舗に事前に確認しておきましょう。

着物を店頭買取・持込買取するメリットは?

店頭買取・持込買取で着物買取を依頼するメリット・良い点はどんなところにあるのでしょうか。

1.自宅に査定員を上げなくて良い!

着物買取の方法のひとつ「出張買取(訪問買取)」だと、買取業者の査定員を自宅に入れなくてはなりません。特に一人暮らしの人や女性だけのご家庭等の場合、「知らない人を家に上げるのは嫌」「男性を家に上げるのに不安がある」という人も多いことでしょう。

また最近では、プライバシーの観点から自宅訪問を嫌う傾向も見られています。その点「店頭買取」の場合、自宅に人を招く必要はなし!訪問・出張型の買取サービスに抵抗がある人でも、「店頭買取なら良いかな」と思えるというケースは少なくありません。

2.目の前で査定してもらえる

対面型の着物買取の良さとしては、「目の前で着物鑑定士に査定をしてもらえる」という点も挙げられます。査定の細かな方法は店舗によって異なりますが、買取希望者が同席した状態で査定をし、着物の状態について細かく説明をしてくれる店舗も多いです。

着物の一点一点について「この着物は証紙があるから買取額アップ」「この着物は状態がちょっと悪いのでダウン」といった説明をしてもらえるので、査定額にも納得がいきます。対面式ならではの信頼度の高さと言えるでしょう。

3.買取承諾をその場で判断できる

直接店頭に着物を持ち込みした場合、査定後の買取キャンセルをするのも比較的気軽です。複数の着物を持ち込んで「こちらは買い取ってもらうけれど、こちらはその金額なら持ち帰る」といった相談もできます。

着物を売るかどうかについて、一点一点金額を聞きながらこまかく判断していきたい人には、店頭買取が向いていると言えるでしょう。

4.即日で現金化できる

店頭買取・持込買取の場合、着物を持ち込み査定額に同意すれば、その場で現金を受け取ることができます。宅配買取・LINE買取のように、「業者到着後に査定に時間がかかる」「振込をしてもらうまでに一週間以上は待つ」といったことはありません。

「とにかく早く着物を現金化したい!」という場合には、店頭買取・持込買取はもっとも早い着物の売却手段となることでしょう。

着物を店頭買取・持込買取で売却するデメリット

今度は店頭買取・持込買取の良くない点・困った点について見ていきましょう。

1.リサイクルショップは着物が安価買取になりやすい

「着物の買取対応します」と書いてあっても、一般的な小規模のリサイクルショップや質屋等に着物を持ち込むのはおすすめできません。どんなに高級な着物を店頭持込しても、二束三文で安く買い叩かれる可能性が高いためです。

着物の買取金額を決めるには、専門的な知識と鑑定眼が必要になります。着物の価値を正しく見定めるために「着物鑑定士」という専門職もあるほどなのです。ところが一般的なリサイクルショップ等の場合、このような着物の買取知識がある店員はほぼ在籍していません。

そのため、着物の扱いはリサイクルショップ・質屋等では全体的に安くなりがち。数十万円の価値がある着物の買取価格が500円といったケースは珍しくありません。せっかくの財産になる着物を、もったいない価格で売り払ってしまうことになります。

2.店頭買取に対応する着物買取専門業者が少ない

「リサイクルショップはダメ…でも、ちゃんとした専門家が居る買取ショップや業者なら持ち込んでも良いのでは?」と考える人は多いはず。もちろん、着物専門の買取業者や、キチンとした鑑定士が在籍する大手買取業者であれば、適正価格で着物を買い取ってくれます。

しかし残念ながら、着物専門の買取業者の場合、「店頭買取」を行っている店舗はとても少ないのが現状です。例えば買取ショップの最大手の一つ「コメ兵」の場合、買取店舗は日本全国に何十店舗もありますが、着物店頭買取を行うのは「本店のみ」となっています。

これは着物の鑑定力がある鑑定士の人数が少なく、各店舗には毎日鑑定士を置けないことが影響をしているのでしょう。そのため実店舗があるスタイルの買取業者でも、店頭買取ではなく「宅配買取」もしくは「出張買取」を推奨しているケースが多いです。

3.着物の運搬に手間がかかる

着物は意外と重たいもの。振袖等のボリュームがある着物の場合、たった1枚で重量が1キロを超えることもあります。何枚もの着物・帯を持ち運ぶ場合だと、荷物の重さが10キロ以上になる可能性も大。これでは店に持っていくだけでも一苦労です。

また着物の持ち運びでは、畳んだ着物を水平に持ち運ぶか、専用の着物バッグに入れる必要があります。畳んだ着物を「持ちやすいから」と紙袋等に入れてしまうと中で折れジワ・寄りシワ等ができ、この傷みで査定額が下がることもあるのです。

4.査定に時間がかかることもある

店頭買取のシステムは店舗によって異なります。事前に査定予約を入れられる店舗もありますが、店頭に付いてからカウンターで順番に受付をする店舗は珍しくありません。

特に週末や連休・年末年始等の場合、査定をする買取カウンターが混み合い、査定が出るまでに時間がかかってしまうことも。運搬と店舗への往復の時間も含めれば、半日程度が潰れてしまう可能性も考えられます。

まとめ:こんな人には着物の「店頭買取」がオススメ!

着物の店頭買取・持込買取のメリット・デメリットはいかがでしたか?良い点・悪い点の両方から総合的に考えていくと、店頭買取には以下のような人に向いていると言えます。

  • 持ち込む着物の点数が少ない
  • 近隣に着物買取専門のショップ、もしくは着物鑑定士在籍のショップがある
  • 着物査定が予約制で待たされないショップが近くにある
  • 自家用車があるので着物の運搬が比較的ラクに済ませられる
  • 着物買取にある程度時間をかけられる
  • 一点一点の着物査定額に納得してから売りたい

特に「着物買取に強い業者・ショップが近隣にあるかどうか?」という点が、着物買取の成功確率を決める大きな要素となることでしょう。「近場に専門業者が見当たらない」という場合には、宅配買取訪問買取も含めて選択肢を広げることをおすすめします。

関連記事

  1. 着物

    着物の出張買取はトク?訪問買取のメリットとデメリットを解説!

  2. line査定

    着物のLINE買取・LINE査定とは?メリット・デメリットを徹底解説!…

  3. 宅配

    着物の宅配買取のメリット・デメリットを徹底解説!

着物クリーニングふじぜん

最近の記事

  1. 江戸小紋
  2. 伊兵衛織
  3. 伊那紬
  4. かいこ
PAGE TOP